巨人逃げ切りも…救援陣は相変わらず

巨人 日ハム

◆日本ハム5-8巨人◆
巨人が快勝した…と書くはずだったが、九回に鍬原が炎上し、抑えの中川をつぎ込むハメになってしまった。

巨人は6点差で九回を迎え、鍬原がマウンドへ。6試合無失点の右腕に試合を締める役割を任せたが、大誤算だった。清水に初球を左前安打されると、中島にも左前安打を浴び、一、二塁。石井には3ボールとなり、何とか追い込むも、右翼スタンドへ放り込まれた。鍬原は一死も取れず、3失点でKOされた。

3点差となり、セーブが付く状況で田原がマウンドへ。横尾を左飛に打ち取り、左の近藤で中川にスイッチするかと思われたが、中川の準備が間に合わなかったのか、田原が続投し左飛に。続く田中の打席で中川が登板し、遊飛に打ち取りゲームセットとなった。

快勝のはずが、大量リードに守られての逃げ切り。田原や中川を休めてスッキリと勝ちきれない展開は、翌日以降に響きかねない。鍬原はこれでは、敗戦処理でなければ出番がないだろう。広島に1ゲーム差の2位に迫ったが、救援陣の充実度はまだまだである。

関連記事