巨人新助っ人ビエイラ、休暇三昧で体重過多 自主トレはいつ?

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 巨人

プロ野球は自主トレ真っ盛りだが、巨人新助っ人右腕のチアゴ・ビエイラは連日、プールサイドで寛ぐ写真をインスタグラムに投稿している。マイペースで知られるソフトバンク・バレンティンさえもダッシュする写真を投稿するなど身体を動かしているが、ビエイラは大丈夫なのか。

ブラジル出身のビエイラは昨季、米ホワイトソックスでプレーしたリリーバー。167キロの速球を投げるという。九回のデラロサに繋ぐセットアッパーとして、中川皓太、沢村拓一らとブルペンを支えることが期待されている。

ただ、ビエイラはプールサイドで寛ぐ写真を今年に入って4回も投稿。8日にはブラジル南部の1泊5万円以上のリゾートホテル「Mavs resort」で椰子の木をバックに、カクテルが入っているとみられるグラス片手にポーズを決めた。

短パン姿の身体も締まりがない。キャンプインは3週間後に迫っている。南半球のブラジルは夏。運動不足で寒い宮崎に来るつもりだろうか。推定年俸5500万円は巨人にとっては大した金額ではないが、外国人を管理する国際部は事情を把握しているのか。

「伝統と歴史のある巨人軍の一員になれて心からうれしく思います。ブラジルで日本人コーチの指導を受けたことがあり、日本の文化や習慣にもなじみがあります。以前から日本でプレーしたいと思っており、この挑戦は家族にとっても素晴らしい経験になるでしょう。常にベストを尽くし、チームの優勝に貢献したいと思います」と、入団が決まった際にコメントしていたが、果たして。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事