巨人原監督「私も良く頑張りました」インタビュー全文

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 巨人 DeNA 原語(ハラゴ)

◆巨人3-3ヤクルト◆
巨人が2年連続38度目の優勝を決めた。1リーグ時代を含め47度目。

【優勝監督インタビュー】

-胸の内にはどんな思いが込み上げているか
「そうですね。非常に今日のゲームを象徴しているような長いペナントレース。しかも苦しい、ゲームそのものも少し差をつけることはできましたけれども、いつもぎりぎりのところで僅差のゲームをして、今日は引き分けということで優勝を決めましたけれども、この1年のペナントレースを象徴しているようなゲームだったなという風に思います」

-難しいペナントレースを制することができた一番の要因は
「ジャイアンツの選手ももちろんですけど、12球団のプロ野球選手、関係者、こういう状況の中コンディションを作り、チーム愛を持ちながら戦って来られた。まだ試合は残っていますが、ここまで良いコンディションをつくりながら戦ってきた野球選手というのは非常に誇らしい人たちだと、改めて敬意を表します」

-あえてMVPを選ぶとしたら
「まだ戦い半ばですから。まだチームとしてはホップステップくらいの状況ですから。そういう意味ではまだ途上にある選手たちですから、ここではそれは控えたいという風に思います」

-シーズンを制して心からねぎらいたい選手たちもたくさんいるのでは
「6月19日に開幕を迎えましたけど、その間というのは、もちろん始まってから戦いはありましたけれども、本当に選手たち、スタッフ、もっと言うなら私もよく頑張りました」

-最初は無観客でスタートし、徐々にお客さんも増えてきた。ファンへメッセージを
「野球界は非常に苦しいスタートを切りました。それでもこうやってお客さまも応援に来られる状況になって、どんどんお客さまも増えてくると思います。世の中も明るく、みんなで良い方向に行っていると。それを野球界も中心になって前に突き進みたいと思います。本当にファンの皆さんありがとうございました」

-8年ぶりの日本一へ挑戦
「まず前半、中盤、後半と選手には鞭を入れながら頑張らせたと思います。少し後半に来て疲れを見せて、5連敗というのも迎えました。しかし、今日の優勝で疲れも半減し、英気を養うと。来る日本シリーズにおいてですね、たぶんどこかのチームでしょう。そのチームと正々堂々と戦って日本一になることを祈願しまして、挨拶に変えたいと思います」

文・写真/BBNEWS編集部

◆原辰徳
背番号 83
カナ ハラ・タツノリ
出身校 東海大
誕生日 1958年7月22日
年齢 62
血液型 A
身長 180
体重 86
所属履歴 東海大相模(甲)-東海大
キャリア 32年
投打 右右
年俸 2億円
昨季年俸 2億円
タイトル (優)83(点)83(新)81(ベ)83、87、88、90、91(ゴ)87、88
家族 既婚

関連記事