巨人入り“誤報”ロハス、市長が残留要請「21年も市民と…」

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 オリックス ストーブリーグ KBO(韓国プロ野球)

巨人への入団合意報道を「フェイクニュース」と否定した韓国KTの「4冠王」メル・ロハス・ジュニア(30)に、KTの地元市長が異例の「残留要請」を行った。

ロハスについては7日未明に一部報道で「巨人と大筋合意」と伝えられたが、ロハスは即座にツイッターとインスタグラムで否定した。


このインスタグラムにコメントを寄せたのがKTの地元・水原市のヨム・テヨン市長。

「まだ決定していないのであれば、2021年のシーズンも水原市民と共にいてもらえませんか?ロハス選手と一緒にチャンピオントロフィーを掲げることを夢見ています」

KTはロハスに対して残留要請を行い、すでに条件は提示済み。ロハスは今季のMVP受賞に際して「来年もKTで良い姿をお見せするようにしたい」と語っている。ただ、KTは「金の勝負になれば(日本の球団には)勝てない」と話しているほか、ロハス自身のメジャー志向が強い事も知られている。

ロハスに対しては巨人のほか、阪神、オリックス、メジャー3球団が獲得に関心を持っていると伝えられている。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事