巨人・高木の連続不敗記録途切れる、ハムに逆転許す

エンタメ・話題 巨人 日ハム

◆日本ハム5-4巨人◆
巨人・高木の不敗神話がついに崩壊した。プロ野球の連続不敗記録を更新中だったが、14日に負け投手となり、記録は165試合目で止まった。

高木は1点リードの七回に4番手で登板し、中田の適時打と王の2点本塁打で3点を失い逆転された。2/3回を3安打3失点だった。

4日の楽天戦では味方打線が逆転し、記録が継続したが、この日は違った。日本ハムは抑えの秋吉が故障で不在。2点差で九回のマウンドにはロドリゲスが上がった。重信の適時二塁打で1点を返したが、及ばなかった。

高木は16年3月に野球賭博への関与が発覚し、NPBから1年間の失格処分を受けた。育成契約を経て、再び支配下登録された。通算成績は165試合に登板し8勝1敗1セーブ26ホールド。

関連記事