巨人・菅野が10勝目、中日・小笠原との「東海大相模対決」制す

巨人 中日

◆中日2-5巨人◆
巨人・菅野が中日・小笠原との「東海大相模高対決」を制し、自身6度目、3年連続の二桁勝利となる10勝目を挙げた。

菅野は東海大相模高時代、甲子園には届かなかったが、小笠原は15年夏に甲子園で優勝投手になっている。

プロ7年目の29歳・菅野は7回8安打1失点。4年目の21歳・小笠原は5回1/3で7安打4失点だった。

巨人で、入団7年目での6度の二桁勝利は桑田真澄氏以来。菅野は「チームの雰囲気がすごく良いので、乗れるようにしっかりマウンドへ上がりました。(二桁勝利は)実感がないですけど、支えてくれる人に感謝して頑張りたいです」。

巨人は6連勝。最短で22日に優勝マジックが点灯する。

関連記事