巨人・菅野が貴重な追加点も原監督「サインミス」

巨人 広島

◆広島1-7巨人◆
巨人は2点リードの八回に菅野の内野ゴロで貴重な追加点を挙げたが、原監督は試合後に「サインミス」だったと明かした。

連打と小林の犠打で一死二、三塁となり、打者は投手の菅野。セオリーならスクイズだった。

実際、初球はバントの構えからバットを引いて1-0。だが、菅野は2球目をヒッティングし、遊ゴロの間に三走・増田が生還し、4-1となった。

試合後、原監督は「智之に聞いてください。僕はスクイズだと思ったんだけど」。

かつてはサインミスに罰金を科すチームも多かったが…。

関連記事