巨人・菅野が復帰戦を6回2失点、「ベストではないけど」6勝目

巨人 ロッテ

◆巨人11-3ロッテ◆
巨人・菅野が腰の違和感から25日ぶりに復帰し、6回3安打2失点で今季6勝目を挙げた。

初回は球が抜ける場面もあった。先頭の荻野に二塁打を打たれ、四死球もあり二死満塁となったが、東海大相模の後輩・菅野を空振り三振に抑えた。五回に鈴木に2点本塁打を浴びたが、98球で6回を終えた。最速は152キロで、カーブとスライダーもまじえて試合を作った。

菅野はお立ち台で「時間がかかりましたけど、ホッとしています。自分だけの力だけじゃなくていろんな人の思い、協力をもらって今日の日を迎えられた。本当に感謝しています。みんな声をかけてくれますし、たくさん点を取ってくれたので6回まで投げることができたと思います。今日はベストではないですけど、今日やれるピッチング、やれることは全部やったと思います。また頑張ります」と話した。

原監督は「今日は100球前後の投球という中で、98でしたかね。しっかり投げられたし、勝ちがついたことに価値があるでしょうね」。完調ではないように見えたが、まずは復帰戦に勝ったのが大きい。投手陣のコマ不足に苦しむ巨人に、最も必要な選手が帰ってきた。

関連記事