巨人・菅野、復活の9勝目

巨人 広島

◆広島1-7巨人◆
「復活」と言って良いだろう。中5日で登板した巨人・菅野が、8回113球を投げて5安打1失点。7月2日以来の白星となる9勝目を挙げた。

「とにかく先制されないというのと、長いイニングをと。中継ぎの方が頑張ってくれていたので」という目標を立てて臨んだ菅野は、「丁寧に両コーナーを突いていけた」。

ストレートが最速152キロを何度も記録するなど、球速も戻った。八回も150キロを出すなど、スタミナも問題なさそうだ。

5試合白星がないのは自身最長で、防御率が4点台になったこともあった。「苦しかったけど、良い投球をすれば勝ちに結びつくと思っていた」。

レギュラーシーズン最後となる苦手のマツダで広島に勝ち越した。「マツダでの戦いが課題になっていたので、勝ち越して明後日からに繋げられるのは意義がある。仕事を全うして、最後に笑えるように頑張ります」

優勝と復活への手ごたえを感じさせる復活登板だった。

関連記事