巨人・石川、今季初安打が決勝2ラン

巨人 阪神

◆阪神0-2巨人◆
前日とはうって変わった接戦も、巨人がものにした。打の立役者は移籍二年目の石川慎吾だ。

今年はここまで主に守備固めで4試合の出場にとどまっていたが、「六番・ライト」でスタメン起用されると、二回の第1打席でセンターへの貴重な先制2ランを放った。原監督は「吉村コーチがね。もう、『ぜひ使ってくれ』ということで。私の中では半分半分ではあったんですけど、彼の強い言葉に後押しされてね。彼を使ったというところに良かったと思いますね」と起用の舞台裏を明かし、伏兵の働きに目を細めた。

関連記事