巨人・沢村、二死から3四球も大竹火消し

巨人 広島

◆広島1-2巨人◆
巨人・沢村が突如乱れた。

1-1の八回から登板し、西川、菊池を打ち取り二死としたが、バティスタ、鈴木、野間に3連続四球。

宮本コーチがマウンドへ向かい、原監督は大竹への交代を球審に告げた。

大竹はメヒアを打ち取りチェンジとなった。

巨人は中川をコンディション不良で欠いており、沢村に終盤で出番が回ってきたが、不安定さは相変わらず。

原監督は「まさか澤村が2死走者なしで四球3つ出すとはね。良く投げてくれた」と、大竹を評価した。