巨人・桜井が3勝目、原監督「水を得た魚のごとく機能」

巨人 西武

◆西武2-8巨人◆
巨人の桜井が先発し、強力西武打線を7回1失点に抑え、自身2連勝で3勝目を挙げた。

前回登板は6日の楽天戦で3年ぶりに先発して7回途中1失点。先発として初勝利を挙げた。西武打線を相手に、この日も前回同様、ダイナミックなフォームからの150キロ近い直球と緩いカーブ、カットボールが活きた。宮本コーチから、今村らと共に「緩急ボーイズ」と名付けられ、リリーフでは見られなかった躍動感もある。

原監督は「前回よりもまた少し上がったようなね、いい投球でした。躍動感あるし、緩急をつけられるし球も速い。球種が多いということ、それコントロールを身につけたというのは、リリーフの時に覚えたことが非常に先発で、水を得た魚のごとく機能しているんではないかと思いますね。まあ、先発ピッチャーの方がリリーフピッチャーよりもどちらかというと、おおらかに戦えるわけですし、そういう点では、厳しいリリーフから先発ピッチャーになったという点では彼の中で非常に楽になっているのかな、と思わせるくらいですね」と話し、先発としての適正を評価する。

二試合続けての好投で、当面は先発ローテーションに定着しそうだ。エース菅野も腰の違和感から復帰し、巨人は先発の頭数が揃いつつある。

関連記事