巨人・戸郷の「新人特別賞」坂本、菅野…大物ズラリ

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人

今季9勝を挙げた巨人・戸郷翔征投手が新人特別賞を受賞した。

新人王は広島・森下暢仁投手に譲ったが、高卒2年目で開幕からローテを守り短縮シーズンで9勝を挙げた事が評価された。

過去に新人王を争い、特別表彰を受けた選手は20人。一部の例外はあるが、投手では10勝、打者では3割、もしくはタイトル獲得やリーグ記録が目安となっているようだ。

歴代の受賞者と成績は以下の通り。

【1987年】
▼パ・リーグ
西崎幸広(日本ハム)15勝7敗、防御率2.89
新人王=阿波野秀幸(近鉄)15勝12敗、防御率2.88

【1990年】
▼パ・リーグ
潮崎哲也(西武)7勝4敗8セーブ、防御率1.84
石井浩郎(近鉄)打率.300,22本塁打、46打点
酒井光次郎(日本ハム)10勝10敗、防御率3.46
新人王=野茂英雄(近鉄)18勝8敗、防御率2.91
▼セ・リーグ
佐々岡真司(広島)13勝11敗17セーブ、防御率3.15
新人王=与田剛(中日)4勝5敗31セーブ、防御率3.26

【1992年】
▼パ・リーグ
若田部健一(ダイエー)10勝13敗、防御率4.00
片岡篤史(日本ハム)打率.290,10本塁打、53打点
河本育之(ロッテ)2勝4敗19セーブ、防御率2.58
新人王=高村祐(近鉄)13勝9敗、防御率3.15

【1998年】
▼セ・リーグ
高橋由伸(巨人)打率.300、19本塁打、75打点
坪井智哉(阪神)打率.327、2本塁打、21打点
小林幹英(広島)9勝6敗18セーブ、防御率2.87
新人王=川上憲伸(中日)14勝6敗、防御率2.57

【1999年】
▼パ・リーグ
川越英隆(オリックス)11勝8敗、防御率2.85
新人王=松坂大輔(西武)16勝5敗、防御率2.60

【2007年】
▼パ・リーグ
岸孝之(西武)11勝7敗、防御率3.40
新人王=田中将大(楽天)11勝7敗、防御率3.82

【2008年】
▼セ・リーグ
坂本勇人(巨人)打率.257、8本塁打、43打点
新人王=山口鉄也(巨人)11勝2敗2セーブ23ホールド、防御率2.32

【2011年】
▼パ・リーグ
塩見貴洋(楽天)9勝9敗、防御率2.85
新人王=牧田和久(西武)5勝7敗22セーブ、防御率2.61

【2012年】
▼パ・リーグ
武田翔太(ソフトバンク)8勝1敗、防御率1.07
新人王=益田直也(ロッテ)2勝2敗1セーブ41ホールド、防御率1.67

【2013年】
▼セ・リーグ
菅野智之(巨人)13勝6敗、防御率3.12
藤浪晋太郎(阪神)10勝6敗、防御率2.75
新人王=小川泰弘(ヤクルト)16勝4敗、防御率2.93

【2017年】
▼セ・リーグ
浜口遥大(DeNA)10勝6敗、防御率3.57
新人王=京田陽太(中日)打率.264、4本塁打、36打点、23盗塁

【2019年】
▼セ・リーグ
近本光司(阪神)打率.271、9本塁打、42打点、36盗塁
新人王=村上宗隆(ヤクルト)打率.231、36本塁打、91打点

【2020年】
戸郷翔征(巨人)9勝6敗、防御率2.76
新人王=森下暢仁(広島)10勝3敗、防御率1.91

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事