巨人・岡本、同学年の中日・梅津から本塁打

巨人 中日

◆中日ー巨人◆
プロの洗礼を浴びせた。

プロ5年目の巨人・岡本が2点を追う二回、同学年の中日ドラフト1位・梅津からバックスクリーン右にソロ本塁打を放った。

2人は同学年だが、仙台育英高から東洋大を経た梅津に対し、智弁学園高からプロ入りした岡本は昨季も巨人で四番に座り、史上最年少で3割30本塁打100打点を達成した。

梅津は岡本との対戦をかなり意識していたというが、プロの先輩の貫禄勝ちだ。

岡本は「打ったのはストレート。先頭だったので、塁に出ることだけを考えていました。いい感触で打てたし一振りでうまく仕留めることができました。反撃開始」とコメントした。

関連記事