巨人・山口俊、後半戦0勝7敗…「終盤に結果を出してこそ」宮本コーチ

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 広島

◆広島6-2巨人◆
巨人は4連敗で、首位・ヤクルトと9.5ゲーム差になった。先発の山口は5回途中6安打6失点。自身7連敗となる8敗目(2勝)を喫した。後半戦は0勝7敗だ。2日のDeNA戦の登板を突然、回避した。右肘の違和感を訴えたためだったが、回復は思わしくなかったようだ。

原監督は「やっぱり思ったところになかなか投げれてないのかなという感じがするね」と論評。我慢したと問われ、「そうね、そうね。そうですね」と3連発した。

宮本コーチも手厳しい。
「状態は良くないですよね。ボール先行でいってる部分はちょっと不安が残る投球」
「先もあるので、そういった意味では立て直しには期待したい」
「山口俊くらい実績のある選手は終盤に結果を出してこそのベテラン。期待度は全く変わらないが、やっぱり今は結果がほしいところ」

ただ、6連戦を5人の先発投手で回すプランにも原因がありそうだ。前日は6回までヤクルト打線を無安打無得点に封じていた菅野が指を攣って降板したばかり。4位とは大差が開いており、CS進出は確実。ポストシーズンに備えて、コンディションを整えたい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事