巨人・山下航汰が右手有鈎骨骨折、開幕絶望

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 怪我

巨人の山下航汰(19)が右手の有鈎骨を骨折、開幕一軍が絶望となった。

20日の打撃練習中に痛みを覚え、病院で診察を受けた結果、骨折が判明した。

山下は2018年育成ドラフト1位で入団。ルーキーイヤーの昨季、イースタン・リーグで打率.332、7本塁打の記録を残し首位打者を獲得。7月には支配下契約を勝ち取り8月に一軍デビューも飾った。今季は一軍の一塁手として開幕スタメン候補に挙がっていた。

全治までは1~2か月程度とみられる。昨季、3月上旬のオープン戦で有鈎骨を骨折した日本ハム・清宮は5月中旬に二軍戦で復帰、一軍への復帰までは3か月近くを要した。

文・写真/BBNEWS編集部

◆山下航汰
背番号 99
カナ ヤマシタ・コウタ
出身校 高崎健康福祉大高崎
誕生日 2000年11月15日
年齢 19
血液型 O
身長 174
体重 83
所属履歴 高崎健康福祉大高崎(甲)
キャリア 2年
投打 右左
ドラフト年度 18
ドラフト順位 1(育)
公式戦初出場 19年8月29日広島=東京ドーム
年俸 600万円
昨季年俸 420万円
家族 独身

関連記事