巨人・小林誠司バットで「二刀流」

スポーツ エンタメ・話題 巨人 怪我

左腕を骨折した巨人・小林誠司は順調にリハビリを進めている。「二刀流」に挑戦中の戸根千明が、小林のバットを使用して打撃練習を行なった。インスタグラムに投稿した。

ZETT社の白い木目が美しい。使用感は抜群らしく、褒めたら可愛く喜んでいたそうだ。

戸根は身長174センチ、体重は100キロ。あだ名は「日大アメフト部」。日大野球部出身だが、アメフトでもしていそうな体型である。打撃練習では柵越えを連発。

原監督は「可能性が両方あるというところ。あれだけの才能を持っている。野球全体の視野が広がれば、仮にピッチャーに戻ったとしてもいい経験になる」と期待する。

一方、小林は6月21日阪神戦(東京ドーム)で2打席続けて死球を受け、左手尺骨骨折と診断された。リハビリは順調で、 「トレーナーの皆様のおかげで順調に回復しております。日々感謝して一日でも早く復帰できるように頑張ります」とコメントを出した。

戸根の二刀流と小林の復帰。どちらも楽しみだ。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、instagramより

◆小林誠司
背番号 22
カナ コバヤシ・セイジ
出身校 同大
誕生日 1989年6月7日
年齢 31
血液型 O
身長 178
体重 86
所属履歴 広陵(甲)―同大―日本生命
キャリア 7年
投打 右右
ドラフト年度 13
ドラフト順位 1
公式戦初出場 14年3月28日阪神=東京ドーム
年俸 1億円
昨季年俸 6000万円
タイトル (ゴ)17
家族 独身

関連記事