巨人・坂本が2打席連続HR、50本ペースでアーチ量産

巨人 中日

◆巨人3-1中日◆
巨人・坂本が二打席連続アーチを放って全打点を挙げた。サヨナラ安打を放った前日に続いてお立ち台に上がった。

坂本は1点を追う三回に18号ソロを放つと、五回に決勝点となる勝ち越しの19号2点本塁打を放った。いずれも中日の先発・ロメロのストレートを捉えた。

坂本はお立ち台で「良い投手で、セリーグでも速い投手なので、打てて良かった」と振り返った。リーグトップの19本塁打は、シーズン50本ペースだ。量産出来ている要因を聞かれ「ホームランバッターではないので、1本でも打てるように頑張ります」と答えたが、好調なのは間違いない。

原監督も坂本の打棒に驚いている。「もうねえ、ちょっと僕の領域ではないぐらいの領域で野球をやっている。本当にかなりレベルの高いところで、彼はもう自分の中で戦っているという感じがしますね。グラウンドを広くね、角度も距離もというね、広く使えていますよね」。

関連記事