巨人・原監督「22万ワニ革靴」が誕プレ 思春期再来へ

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 原語(ハラゴ)

巨人・原監督が22日、62歳の誕生日を迎えた。報道陣からはケーキを送られ、ソーシャルディスタンスを保って誕生日会を開いたとか。元木ヘッドや宮本コーチら有志からは22万円以上するワニ革のイタリア製スニーカーをプレゼントされた。

元木ヘッドは「監督お誕生日おめでとうございます🎉
コーチ陣からのプレゼントです🎁

監督を胴上げできるようにコーチ陣でみんな頑張って行きます。
これからも身体を大事にジャイアンツを宜しくお願いします🤲
良い一年になりますように🙏」

宮本コーチは「原監督62回目の誕生日🎂
お誕生日おめでとうございます🎈
我々コーチ陣と有志一同で誕生日プレゼントを^ ^
今年は元木ヘッド提案で、ダーミジャパンさんのクロコダイルスニーカー👟
高級素材のワニ革を特殊加工したスニーカー!

一歩一歩優勝に向かって歩きましょう⚾️*\(^o^)/*」

それぞれインスタグラムに投稿した。こちらは元木コーチ。

プレゼントしたのは「DAMI」というイタリアブランドのスニーカー。伊勢丹などでパターンオーダーを行なっており、価格は22万円から。原監督には高級素材が良く似合う。

伊勢丹のホームページによると、「1968年に創業したイタリア・トスカーナ州に拠点を置く<ダーミ>は、ワニ革を知り尽くしたプロフェッショナルとして、毎シーズン一味違ったクロコダイルスニーカーを展開。熟練の職人が、ワニ革の特徴を最大限に生かせるよう吟味し、そのすべてのパーツを手作業で製作するコレクションは、高級素材であるクロコダイルに、あえて特殊な加工を加えることでビンテージ感を創出し、クロコダイルをより身近なアイテムとして提案している」

21日は甥の菅野が今季2度目の完封勝ちを収め、チームは7連勝。61歳を白星で終えたことには「それはありがたいことです。それはもう感謝です」。系列紙はその様子を「両手を大きく広げ、天井を見上げた」と表現した。

さらに、「還暦を迎えてから、61歳も62歳も一緒。まだまだ積み重ねなければいけないね。これが10歳ぐらい、70歳になるとまた変わるかもしれない。思春期みたいなものがくるかもしれないね」と話したそうだ。

監督としての通算勝利数でミスターこと長嶋茂雄氏を抜き、名将としての地位をさらに高めた。今季は勝率が7割を超えている。62歳も胴上げされる。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、instagramより

◆原辰徳
背番号 83
カナ ハラ・タツノリ
出身校 東海大
誕生日 1958年7月22日
年齢 62
血液型 A
身長 180
体重 86
所属履歴 東海大相模(甲)-東海大
キャリア 32年
投打 右右
年俸 2億円
昨季年俸 2億円
タイトル (優)83(点)83(新)81(ベ)83、87、88、90、91(ゴ)87、88
家族 既婚

関連記事