巨人・原監督「綱渡りポーズ」7人継投

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 中日

◆中日1-1巨人◆
巨人は7投手の継投で引き分けに持ち込んだ。原監督は九回の3投手の継投に関して、「そうですね」と言いながら、両手を広げて右足を前に、左足を後ろにする「綱渡り」のようなポーズを見せた。

七回に同点に追いつかれ、一死三塁で先発・畠から高梨にスイッチ。さらに高梨が京田を三振に打ち取ると、鍵谷に交代。福田を三振に打ち取った。

八回は中川が3人で抑えたが、九回は市民権を得るために渡米していたデラロサが復帰登板。先頭・阿部の内野安打と犠打で一死二塁となり、大江に交代した。

大江は根尾を抑えて二死二塁となり、大島を迎えるとことろで指揮官は自らマウンドへ。大島を申告敬遠し、続く京田の代打・福留に四球を与えて二死満塁となると、今度は昇格した桜井に交代。福田を左飛に抑え、セ・リーグ最多タイとなる7度目の引き分けとなった。

デラロサは久々の実戦だが、右打者2人で交代させると決めていたという。「次は1イニングは放れると思いますよ」と指揮官。開幕前は、九回打ち切りのルールを踏まえて「投手の人数は少なくなる」と言っていたが、デラロサの渡米、中川の不調、野上の故障など想定外の事態が続いている。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事