巨人・原監督「発奮材料に」菅野ケガ、救援崩壊

NPB(プロ野球) 巨人 ヤクルト

◆巨人7-5ヤクルト◆
巨人は七回に4失点で逆転を許すなどリリーフが崩壊したが、九回に岡本の逆転サヨナラ弾で帳消しにした。デラロサ、ビエイラら抑えが不在の異常事態が続いている。

原監督は「(岡本が)色々な中でね、最後に決めたという。(先発・今村は)粘りながら投げてはいましたけど、ややリリーフ陣が超えてもらいたいところで、プレッシャーがあるのかなと」と田中、桜井らパッとしないリリーフ陣に言及した。

さらに、エース菅野が肘の違和感で抹消されたが、「もうみんなでやるという部分で、エースではあるけど、逆にそれを発奮材料にしてもらいたい」。原監督の好きな言葉の一つが、今季のスローガンにもある「ワンチーム」。ラグビー日本代表から流用した。リリーフ陣に体現してもらいたいと願っている。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事