巨人・原監督「反省する人も」サヨナラ辛勝

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 巨人 DeNA 原語(ハラゴ)

◆巨人8-7DeNA◆
巨人は亀井の史上初となる開幕戦での代打サヨナラ弾で白星スタートを切った。原監督は笑顔で亀井を迎えたが、複雑な心境だろう。攻守にミスが続出し、九回は新ストッパーの中川が守りきれなかった。試合後、「反省する人もいる」と言い放った。

「今日は予想もつかないようなゲーム展開でしたね。しかし、最後の最後まで開幕戦にふさわしいというか、何と言って良いかわかりませんけれども」「色々な人をカバーしたり、あるいはチームに明日への活力というものを与えてくれた」「もう少しすんなりという形が良いんでしょうけれども、結果的に勝ちきれたということは非常に大きい」

2点リードの八回裏、一死一、三塁で代打・北村を送るが、一走の代走・吉川は牽制に釣り出され、挟まれる間に三走・重信が本塁突入を試みて憤死した。九回は中川の制球が定まらず、四球と2安打で2失点。

七回は3点差から田中の適時打にウィーラーの悪送球が絡み、2点を献上していた。FAで獲得した梶谷の人的補償としてDeNAへ移籍した田中には3安打6打点を許した。

おいの菅野は20勝を目指すそうだが、6回3失点、101球で降板。出来については「んーまー本人に聞いてください」と、感想すら述べなかった。

「こういうゲーム展開、勝負はどっちに転んでもおかしくないようなペナントレースになる。そこを辛抱強く戦うんだという部分を改めて今日、開幕戦においても反省する人もいる…そういう意味でも良かった」

押し出しを含む3四球の菅野、追い込みながら四球でピンチを広げた中川を含めて「無駄な四球が多い」とも述べた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事