巨人・原監督「ピンピン」「爪の垢を煎じながら…」

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 日ハム 原語(ハラゴ)

◆巨人6-0日本ハム◆
巨人はパ・リーグ最下位の日本ハムに圧勝した。原監督も「舌好調」のようで、舌も滑らかにハラゴを連発した。

まずは今季1勝目を挙げたメルセデスについて。左肘のクリーニング手術からの一軍復帰登板となったが、150キロを超える速球を軸に力で押して6回途中2安打無失点、5三振を奪った。丁寧にかわす投球が持ち味だったが、イメージを一新した。

指揮官は「初先発、久しぶりの登板ということで、ちょっと力が入ったというかね。でも内容はすばらしかった。新戦力として、新しいCC・メルセデスという投手が来た。タイプの違ったパワーピッチャーになってきたなという感じがします」

六回二死で左太ももの裏を痛めて交代したが、問題ないという。「途中、足がつったということで。あのイニングで変えようと宮本コーチと話してたので。1人、早かったということですね。大丈夫です。今ピンピンしている」

大江がリリーフし、回をまたいで2/3回を投げた。「ピッチャーは度胸が大事な要素。彼は若いけれども肝の据わった度胸の良さが見事ですね。爪の垢を少し煎じながらという選手もいるかもしれない」

3三振の後、本塁打を放った重信にも触れた。「一番打者というのは出塁率というか、しつこい打撃は必要ですから。まあ50点という所じゃないでしょうか。4打席目、彼にかけました。しかし違った結果であるならば、どういう世界に行ってたかは分からないね」

凡退していたら二軍に降格したのか、それともトレードにでも出していたのか…。

文・写真/BBNEWS

関連記事