巨人メルセデス「足つった」原監督、負傷降板に

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 日ハム 怪我・体調不良

◆巨人6-0日本ハム◆
今季初登板となった巨人のメルセデスが六回、投球の際に左太もも裏を痛めて緊急降板したが1勝目を挙げた。原監督は降板理由について「足がつった」と説明した。メルセデスは「降板したのは申し訳ない。足は心配ない」などと話した。

2点リードの六回、西川への2球目を投げた際に負傷、宮本コーチが駆けつけたが、メルセデスは歩いてベンチ裏へ。リリーフに大江が送られた。この日は150キロを超えるストレートを武器に5回2/3、83球を投げて2安打無失点。今季初勝利の権利を手にした。

20年10月に左肘のクリーニング手術を受けた。新型コロナウィルス感染拡大の影響で3月末に来日。この日が一軍復帰戦だった。

文・写真/BBNEWS編集部

◆メルセデス
背番号 42
フルネーム クリストファー・クリソストモ・メルセデス
出身校 ヌエバ・エスペランサ高
誕生日 1994年3月8日
年齢 26
身長 188
体重 82
所属履歴 レイズ傘下
キャリア 5年
投打 左両
ドラフト年度
ドラフト順位
公式戦初出場 18年7月10日ヤクルト=神宮
年俸 4000万円
昨季年俸 1100万円
家族 既婚

関連記事