巨人スモーク美人妻、帰国を説明

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 広島

◆阪神1-7巨人◆
巨人の3位転落が決まった18日夜、退団する助っ人・スモークの妻クリスティンさんがツイッターを更新。退団の理由を説明した。

動画では、帰宅したスモークに、2人の娘が抱きついている。

「ジャスティンはひどく難しい決断をしました。近いうちに日本に行けないことが明らかになり始めました。それで、チーム(私たちの家族にとって素晴らしかった)からのサポートと理解を得て、彼は家に帰ることに決めました。これが理由です」と書いた。

両打ちのスモークはメジャー196発。ブルージェイズ時代の17年には38発を放っている。特に左打席での強打が特徴だった。4月には4号本塁打を広島・コルニエルから放ち、「日米200発」を達成した。158キロを右翼スタンドへ打ち込み、原監督は絶賛していた。

「160キロ近い初球のボールを打つんですから。並ではないなあというね。やっぱり200本の価値はあると思いますね」

巨人は17日に、スモークの退団と帰国を発表していた。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS編集部、Twitterより

関連記事