巨人サンチェス3勝「本来の姿」

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 DeNA

◆DeNA4-2巨人◆
巨人の新助っ人サンチェスが九回途中2失点9三振で3勝目を挙げた。本来の投球スタイルが見られた。

立ち上がりは力んで球がバラついたが、六回一死まで1四球のみの無安打。ラジオ解説の井端氏は「序盤は高めだったり、低めにワンバウンドしたりと少し荒れていましたけど、中盤以降は自分が思ったところに投げられたと思います」。

さらに、「四球が1つというところでは、ある程度の球種でストライクゾーンに投げられた。本来のサンチェス投手になりつつあるのかな」と評価した。

八回まで110球、1安打。九回に4安打で2点を失い、中川の救援を仰いだ。サンチェスは「状態はよかった。制球と変化球のコンビがうまくいった」と自賛。「中川が良い投球することを応援していた。アウトを取ってくれると思っていた。アリガトウ」と感謝した。

原監督は九回の続投について「代える材料はありませんでした。無駄な四球もなかったし、ボールそのものも非常によく動いていた。まっすぐも左バッターの胸元を突くというボールで非常に良かったと思います」。

オープン戦ではドーム球場やボールに慣れず、防御率10点台と炎上した。だが、シーズンでは本来の制球力とコンビネーションを活かせている。昨季韓国17勝右腕が、セ・リーグ三冠・山口俊の穴を埋める。

文・写真/BBNEWS編集部

◆サンチェス
背番号 20
フルネーム エンジェル・サンチェス
出身校 サントドミンゴ大
誕生日 1989年11月28日
年齢 30
身長 185
体重 88
所属履歴 サントドミンゴ大―ドジャース1A―マーリンズ2A―レイズ2A―Wソックス2A―パイレーツ―韓国・SK
キャリア 1年
投打 右右
年俸 3億4000万円
家族 既婚

関連記事