巨人またリリーフ崩壊「今年は緊迫」原監督

NPB(プロ野球) 巨人 DeNA

◆DeNA5-5巨人◆
巨人はまたリリーフが崩壊、八回に3点を失い逆転されたが、九回二死から四球と岡本の2ランで追いついた。

原監督は岡本の右翼への同点弾に「2点差を同点にしたわけですからね。まあまあ、生き返ったかどうかは分からないけど、起死回生であることは間違いないね」「やっぱりバッターとして、バックスクリーンの向こうにホームランを打つというのはね」とご満悦。

一方で、高梨がソトに浴びた逆転2ランも右中間へのもの。「一本打たれたのもあったけどね。やっぱり打者の理想形ですよ」とした。

先発の高橋が六回二死で降板し、野上がリリーフ。八回は鍵谷、高梨、井納と繋いでいた。「やっぱり今年のルールは緊迫した七、八、九(回)になりますよね」。

抑えのデラロサが不在で、ビエイラは二軍落ち。中川も不調だ。日替わりのやり繰りが続いているが、セ・リーグの優勝争い、さらには短期決戦となるポストシーズンを踏まえれば、勝ちパターンを整えたい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事