巨人またケガ人「良くなる兆候」原監督

NPB(プロ野球) 巨人 広島

◆巨人2-10広島◆
巨人はまたしてもリリーフが崩壊、六回に井納が満塁弾を浴びるなど、4投手で9点を奪われた。


1-5となった後の一死一、二塁では田中豊が長野への4球目にバランスを崩し、足を気にするしぐさを見せた。四球を与えると緊急降板した。左足の異常を訴えているが、医療機関は受診しない。18日には勝ちパターンの野上が「右肩の異常」で緊急降板したばかりだ。

原監督は「故障していなかったら降りるはずがないもんね」とした上で、故障者が続出している状況に触れた。
「開幕から結構そういう中で戦って、みんなでやり繰りしているわけだからね。今に始まったことじゃないし。これは良くなる兆候と捉えながら、前に進むしかないですね」

田中豊と、防御率「14.40」となった井納は二軍へ降格する。抑えのデラロサは米の市民権を得るために渡米していたが、既に練習には合流。21日から一軍に復帰する。

文・写真/BBNEWS編集部

◆田中豊樹
背番号 59
カナ タナカ・トヨキ
出身校 日本文理大
誕生日 1993年12月1日
年齢 27
血液型 AB
身長 180
体重 98
所属履歴 佐賀商―日本文理大―日本ハム
キャリア 6年
投打 右右
ドラフト年度 15
ドラフト順位 5
公式戦初出場 16年5月8日西武=プリンス
年俸 1400万円
昨季年俸 450万円
家族 独身

関連記事