巨人また「マシンガン」継投決まらず

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 中日

◆中日4-5巨人◆
巨人は前日の7投手に続いて、この日は6投手をつぎ込んだ。サンチェスが7回2失点の後、八回から戸根が2/3回、中川、デラロサ、高梨、鍵谷が1/3回ずつ。ツイッターでは「マシンガン継投」などと言われている。

原監督はまたも「綱渡り」のようなポーズを見せた。「めちゃくちゃ大きいよね。勝ち越させなかったというところにね」

八回に戸根を起用したが2失点して1点差とされた。本来であれば最初から勝ちパターンの中川を投入し、流れを渡さないのが定石だ。「何とかリリーフ陣の過多にならないようにね。ピッチングコーチには嫌な思いをさせたかもしれないけど今、謝りました。何とか戸根をと思って。調子も良かったし。ピッチングコーチの言う通りにしておけば良かったというのは反省ではあります。僕が逆らった」

九回は復帰したばかりのデラロサが根尾に四球を与えるなど制球が安定しなかった。開幕から二ヶ月。「抑え」は中川、デラロサ、ビエイラ、鍵谷と交代。「勝ちパターン」は高梨、負傷した野上、大江、桜井、戸根などが起用されてきたが、単に終盤に投げているだけで、役割は確立していない。まずは中川を八回、デラロサを九回に固定したい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事