巨人に快勝も…ミスが目立った阪神

巨人 阪神

◆巨人2-4阪神◆
伝統の一戦で首位・巨人に快勝した阪神だが、ミスが目に付いた。

2-1の六回、二死からキャプテンの糸原が四球で出塁して一、二塁とするが、続く坂本の打席。菅野の投球がワンバウンドとなり、捕手の小林が弾いた間に飛び出してしまい、小林の牽制球で帰塁できずに3アウトになり、この回は無得点に終わった。

裏の攻撃では、先頭・亀井の左翼への安打の処理に福留がもたつき、二塁打に。動揺した高橋遥は3四球を与え、同点とされた。

守備では三回にも、糸原が一死一塁で三遊間へのゴロにソラーテが飛びつき6-4-3の併殺を狙ったが、強い送球を糸原がこぼし、失策が記録された。

四回にはマルテが一塁へのファウルフライを落球。

四月に東京ドームで3連敗した時も、3試合とも失策があった。ミスがなければ、もう少し楽に勝てたはずだ。

関連記事