巨人が今季ワーストタイの6連敗、原監督「順風な風じゃない」

巨人 ヤクルト

◆ヤクルト5-2巨人◆
巨人が今季ワーストタイの6連敗を喫した。

流れが悪い。四回、ゲレーロの二塁打で1-2とし、なおも無死満塁と攻めたが、増田は中飛、小林は5-4-3の併殺に終わった。

守備では、1点リードされた八回一死一、三塁で松本にスクイズを決められたが、田口がグラブトスしたボールはあさっての方向へ。

二、三塁となり、奥村は四球。代打・青木に押し出し死球。さらに、代わった鍬原が暴投し、1-4となった。

原監督は「今、順風な風じゃないわけだからね。どちらかというとアゲインストの風が吹いてるからね。みんなで押し返さないと。誰がどうとかこうとかいうことは言うべきではないでしょうね」。

DeNAが敗れたために2.5ゲーム差は変わらず。今がどん底かもしれない。

関連記事