巨人が交流戦優勝に望み、原監督「チーム力の見せ所」

巨人 ソフトバンク

◆巨人7-2ソフトバンク◆
球界の盟主が、タイトルを渡すわけにはいかない。負ければ交流戦優勝がなくなる試合に巨人が快勝し、原監督の饒舌が止まらなかった。

序盤は下手投げの高橋礼に苦しんだが、ふた回り目に攻略した。三回、亀井、坂本の連打から丸の適時打で先制。岡本も4連打となる2点適時二塁打を放ち、3点を奪った。

前日5打数5三振の坂本に安打が出ての先制点。原監督は「ツーアウトから湿っていた一番、二番というところが三番、四番に。4連打でチーム全体が晴れたという、そんな感じがした」と喜んだ。

勝てば交流戦優勝の最終戦には菅野が先発する。指揮官は「今日はどちらかというと甲子園の準決勝でしょ?明日は決勝でしょ。そういう心境で戦おうというところだね。短期の交流戦ではあるけど、優勝のかかった一戦は、このところジャイアンツがあまり経験していない中で選手の、チームの技、力の見せ所だと思う」と気合いを入れた。

関連記事