巨人「坂本勇人に負担」堀内氏

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 巨人

巨人元監督で沢村賞選考委員長の堀内恒夫氏がブログを更新し、原監督の二塁手の起用法に疑問を呈した。

1日の中日戦は、9月に支配下登録されたウレーニャが初スタメンを飾るも、3打数無安打2三振。「バットのヘッドが落ちてるから、まだ速いボールには対応できないんじゃないかな」と起用が時期尚早であるとの見方を示した。試合は六回までに0-7と大量リードされ、6-9で敗れた。

原監督は今季、キャンプで「S班」に入った吉川に二塁のレギュラーを確約しないと公言。他に若林、増田大、北村、広岡、ウレーニャを起用している。

これに関して、センターラインの重要性を指摘した上で、二遊間を組む坂本の負担を不安視した。
「色々試しているとは思うけど、それに伴った坂本の負担も少し気になっている」
「センターラインの大切さ、二遊間の重みとでも言おうか」
「ショートが坂本だからこなせているけど、相手のタイミングに合わせるって結構大変なんだよね」

原監督は「危機管理」「ツーウェイ」などという単語を用いて、主軸以外に複数のポジションを守らせるのを好んでいる。自身は現役時代、「四番サード」が代名詞だったが、長嶋政権下ではレフトを守らされることもあった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事