巨人「中指事件」きっかけ、阪神専用の応援席

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 事件事故・ゴシップ

阪神は16日、甲子園と京セラドームの右翼スタンドを22年から「専用応援席化」すると発表した。7月9日の「伝統の一戦」でが巨人ファンが右翼席を訪問、中指を立てるなどして挑発した結果、警察も出動する乱闘騒ぎが起きていた。

球団によると、対象はオープン戦と公式戦。試合当日の阪神タイガース以外の応援行為と、他球団の帽子や服装の着用及び応援グッズの使用を禁止する。

入場後、観戦規則を守らなければ退場させる。さらに入場券の払戻は行わない。

7月9日の甲子園は物騒な雰囲気だった。巨人・坂本のユニフォームを着た男性の姿が見える。

6月12日の楽天-阪神戦の最中には、大声を出していたことを注意した球団職員の顔を殴るなどの暴行を加えたとして、45歳の男が逮捕された。

【楽天-阪神】球団職員に暴行、観客逮捕「大声を注意」・楽天生命でファンが「守備妨害」角中が落球
・楽天生命パーク 成人動画ロケ地に

来季は、この手のトラブルを根絶する事ができるだろうか。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事