巨人、2ボールからの代打・石川サヨナラ弾でマジック「20」点灯

巨人 DeNA 原語(ハラゴ)

◆巨人8-6DeNA◆
延長十一回に石川のサヨナラ2ランが飛び出し、巨人が優勝へのマジック「20」を点灯させた。原監督の珍しい采配が的中した。

先頭・重信が安打で出て、次打者は投手・田口。表の攻撃を三者凡退に切っていた。既に田口を含めて8投手を使っていたため、続投させるのを前提として、サインは犠打。

しかし、2球目に重信が二盗を決めてカウントが2ボールとなり、原監督は代打・石川をコール。石川がフルカウントから中越えに本塁打を放った。

指揮官はこの采配を自賛した。「2つの決断があった。重信が出て思い切ってスチール。非常に大きかった。田口が役割を終えなおかつ2ボールというカウントでバトンを渡したのがいい感じで回った」

原監督ならでは。思い切った采配が身を結んだ。

関連記事