巨人、鷹に10連敗①畠KO、大城は懲罰交代

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 ソフトバンク

◆ソフトバンク9-3巨人◆
巨人はソフトバンクに敗れ、19年の交流戦以来、10連敗目を喫した。

先発・畠は昨秋の日本シリーズ第4戦以来の対戦となったが、3回で5安打3本塁打を浴びて5失点で降板。バッテリーを組んだ大城も四回に交代した。栗原、柳田、バレンティンに被弾した。

日本シリーズでは柳田、甲斐に被弾するなど2回途中4失点で降板していた。27日には「とにかく攻めていきたい。長いイニングを投げてカードの頭をしっかり勝てるようなピッチングがしたい」と意気込んでいたが、返り討ちにされた。

日本シリーズでは19年に続いて4連敗。「巨人が弱すぎて腹がたった」として、ソフトバンクのファンが東京ドームなどに爆破予告をし、逮捕される事件まで起きた。
・「巨人弱すぎて」爆破予告、ソフバンファン逮捕

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事