巨人、足攻めで“苦手”克服?広島を翻弄し快勝

巨人 広島

◆巨人5-1広島◆
巨人が快勝し、優勝へのマジックを6とした。

会心だったのは3-1で迎えた七回の攻撃だ。一死から阿部が粘って四球で出ると、代走・増田が3球目に二盗。さらに4球目にもスタートを切ると、遠藤が投球動作を外してけん制しようとし、ボークで三塁へ。

ゲレーロが四球で一、三塁となり、田中俊太の適時打で4点目。続く小林の三ゴロで、メヒアが二塁封殺を狙って悪送球し、5点目を奪った。

「あの1点2点というのは大きい」と原監督。足攻めでプレッシャーをかけ、広島のミスにも乗じて畳み掛けた。今季ここまで10勝13敗と負け越している苦手の広島を翻弄したのは、ポストシーズンへ向けても大きい。

優勝目前の巨人と、何とか2位を目指す広島。チーム状況の差はあるが、精神面でのプラスになりそうな勝ち方だ。

関連記事