巨人、攻守にミス連発で広島に連敗

巨人 広島

◆巨人2-8広島◆
巨人は攻守にミスが出て、広島に連敗した。

攻めては1-0の二回、一死一、三塁でメルセデスがスクイズを試みて、三走ゲレーロが本塁に突入。

捕手・會澤がダイビングしてタッチを試みて、本塁はセーフの判定だったが、緒方監督がリクエスト。リプレー検証の結果、判定はアウトに覆った。

守っては七回、無死二塁で田中のバントは小フライとなったが、小林がメルセデスと交錯。捕球捕球出来ずに内野安打となり、無死一、二塁に。この回の4失点に繋がった。

原監督は小林が捕球出来なかったプレーについて「エラーはつかないけれどちょっと隙を見せたというところ」と振り返った。

関連記事

【すでに長嶋茂雄名誉監督を凌駕?原監督が止まらない】
【原タワー復活!V奪回に向け視界良好・・・?】
【原監督が20人超の背番号大シャッフル!その狙いは・・・】
【球界のドン健在!読売総帥・ナベツネ氏が優勝を厳命(動画)】

関連記事