巨人、四番岡本ブレーキ3三振…5連敗でDeNAと0.5差

巨人 DeNA

◆DeNA3-2巨人◆
首位・巨人は2位DeNAとの首位攻防戦で3連敗。今季初の5連敗となり、最大10.5あったゲーム差が0.5となった。

岡本が、攻守にまずいプレーを連発した。

まずは守り。同点の三回一死一、二塁でロペスは投ゴロ。1-4-3の併殺を狙ったが、二塁若林の送球はワンバウンドし、一塁の岡本は捕球できずに後逸し、勝ち越しを許した。若林の失策が記録された。

五回は二死満塁で岡本が空振り三振に倒れ、無得点。

2点を追う七回には坂本の適時打で1点を返し、なおも二死二、三塁の逆転機。だが、岡本が空振り三振に倒れた。

不調で六、七番に座っていた岡本はDeNAとの三連戦に合わせて四番に復帰したが、この日は3三振。攻守に冴えなかった。

原監督は「本人が一番悔しいでしょうし。何とかこっちも助けてね」と岡本について語った。

一時は独走するかと思われた巨人に、首位陥落の危機が訪れた。

関連記事
【すでに長嶋茂雄名誉監督を凌駕?原監督が止まらない】
【原タワー復活!V奪回に向け視界良好・・・?】
【原監督が20人超の背番号大シャッフル!その狙いは・・・】
【球界のドン健在!読売総帥・ナベツネ氏が優勝を厳命(動画)】

関連記事