巨人、余裕の睥睨 阪神自力V消す…原タワー想起

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 怪我・体調不良 侍ジャパン

◆巨人6-3阪神◆
巨人が逆転勝ち。エースの背番号「18」菅野が開幕11連勝を飾り、優勝マジック38が点灯した。原監督はキャンプで「原タワー」に座り、高所から「我が軍の精鋭」達を睥睨するのが十八番。この日はまるでタワーから阪神を見下ろすような、余裕の采配を見せた。

・原タワー復活!V奪回に向け視界良好・・・?

原監督は「いやいや。志半ば。戦い半ば。(マジックを)僕は全く意識していません」と話したが、試合中のベンチでも試合後のインタビューでも、笑いを隠せなかった。

坂本、岡本がコンディション不良で途中交代し、吉川尚が18年以来となる遊撃のポジションについた。これは右の主力2人の状態を考慮した采配だが、吉川尚は九回に再び二塁へ。阪神は自力V消滅を回避するために必死なのに、原監督はまるでオープン戦のような采配である。

2-3の六回表、坂本と若林が交代。若林が二塁へ入り、二塁の吉川尚が遊撃へ回った。さらには5-3と逆転した後の七回に、岡本に代わり吉川大が三塁へ就いた。

指揮官は「ちょっとコンディションが良くないということで早めに。今日の打撃を見る限り他の選手を出した方が戦力になるだろうと」と坂本を交代した理由を説明。「和真もそうよ。今年は早め早めというのは今、始まったことではない。大事に至らないと僕の中では思ってます」と続けた。


坂本は07年に初出場し、19年まで1646試合で遊撃に就いた。08年に1試合で二塁、13年に3試合で一塁を守った。12月で32歳となるため、後継者の育成やコンバートがテーマとなっている。

スピードを高く評価される吉川尚は腰に不安を抱えており、二塁の定位置を掴んだ昨季は11試合で離脱した。この日は二遊間それぞれで素早い動きと広い守備範囲を見せた。さらに必要なのは継続と安定だろう。

坂本を三塁に回し、吉川尚を遊撃に。二塁にヤクルトからFAで山田哲人を獲得して配置する。一塁には岡本。そんな構想もささやかれている。

これは東京五輪を制覇したい、侍ジャパンの布陣にも関係するだろう。坂本を手薄な三塁に回すことが可能となるからだ。様々な意味のある、吉川尚のテストである。

文・写真/BBNEWS編集部

◆坂本勇人
背番号 6
カナ サカモト・ハヤト
出身校 光星学院
誕生日 1988年12月14日
年齢 31
血液型 AB
身長 186
体重 85
所属履歴 光星学院(甲)
キャリア 14年
投打 右右
ドラフト年度 06
ドラフト順位 1(高)
公式戦初出場 07年7月12日阪神=東京ドーム
年俸 5億円
昨季年俸 5億円
タイトル (優)19(首)16(安)12(出)16(ベ)09、12、16、18、19(ゴ)16、17、19
家族 独身

◆岡本和真
背番号 25
カナ オカモト・カズマ
出身校 智弁学園
誕生日 1996年6月30日
年齢 24
血液型 A
身長 185
体重 96
所属履歴 智弁学園(甲)
キャリア 6年
投打 右右
ドラフト年度 14
ドラフト順位 1
公式戦初出場 15年8月28日中日=東京ドーム
年俸 1億4000万円
昨季年俸 8000万円
家族 既婚

関連記事