巨人✖️BEAMSグッズ「街で着用」はムリ?

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 巨人 ギア・ファッション・車

イケてない…。巨人は人気セレクトショップ「BEAMS」とのコラボレーショングッズを20日に発売する。Tシャツ、フーディー、MA-1ジャケット等全12種類。BEAMSは「日常的にも着用できる」と街中での着用を推奨しているが、本気だろうか。

巨人軍おなじみのジャイアンツ花文字フォントや、YGロゴやグータッチといったチームの象徴的なモチーフをBEAMSのデザイナーがアレンジ。“街でも着られる応援グッズ”をテーマにした、ジャイアンツ愛にあふれるラインアップとなったという。

ただし、オレンジ色に派手に「GIANTS」とロゴが入ったりしており、派手。球場以外で着るのは恥ずかしいだろう。デートに着ていけば、次はない。ネット上の評判もイマイチ。発売を知らせる系列紙のツイートには「ダサい」「街では着られない」などネガティブなコメントがほとんだ。

巨人は「2020年はオリンピックの開催で「東京」に注目が集まる一年となることから、読売巨人軍は東京をテーマにした様々な企画やグッズを展開していきます。4月以降には、同じく東京発のブランドでBEAMSと並びセレクトショップ“御三家”とされる「UNITED ARROWS」「SHIPS」とのコラボレーショングッズも順次、発売予定です」とも書いている。

鼻息が荒いが、巨人はヤンキースではない。ビームスには様々なレーベルがあり、ユーザーや嗜好も様々。巨人の担当者はビームスだからと言って、本気で街中を着て歩けるのか?「YOMIURI」とプリントされているものが資料写真には見当たらないだけマシだが、巨人のウェアがファッションアイテムになる日は来ないだろう。

<BEAMSのコメント>
「日本では、スポーツチームの応援グッズを街で着用する文化が未だ定着していません。しかし、スポーツチームはアイコニックなロゴを所有しており、BEAMSのデザインチームはそこに着目。球場ではスタジアムをジャイアンツカラーに染める応援グッズ、街中では試合前のスタジアムまでの移動はもちろん、日常的にも着用できるシンプルなファッションアイテムとなるよう、応援グッズとデイリーウエアの二面性を持たせました」

【GIANTS x BEAMS商品一覧】(価格はいずれも税抜き)

 Tシャツ5種(半袖) 4,800円または5,000円
 Tシャツ(長袖)  6,000円
 フーディー     9,800円
 GB-1(MA-1)ジャケット   24,000円
 キャップ2種         各4,800円
 ハット           4,800円
 シャワーサンダル(※)   4,800円

※「ビームス ジャパン 渋谷」「ビームス公式オンラインショップ」限定

文/BBNEWS編集部 写真/巨人HPより

関連記事