巨人‐阪神②九回スアレスに力負け

NPB(プロ野球) 巨人 阪神

◆巨人1-2阪神◆
「伝統の一戦」は1999試合目。3連戦の初戦は阪神が競り勝った。対戦成績は14日まで、巨人の1093勝835敗71分け。今季は阪神の4勝3敗、ゲーム差は4.5となった。

日本シリーズで、2年連続でソフトバンクに4タテされた原巨人が雪辱を果たすには、まずは阪神に勝たねばならない。そう考えると、見過ごせないプレーも出てくる。

九回、阪神のマウンドには161キロ右腕・スアレス。巨人は元ソフトバンクの速球派に力負けした。

メジャー196発のスモークは安打を放ったが、若林、吉川は連続三振。亀井はボテボテのショートゴロでゲームセットとなった。若林はストレートに空振り、吉川、亀井は速球を意識するあまりチェンジアップにタイミングを外された。

日本シリーズでは千賀やモイネロ、石川の速球に、セ・リーグ二冠王の岡本や坂本は手が出ず。巨人では助っ人のウィーラーが唯一の本塁打を放った。

この夜も、パワーピッチャーに力負けした昨秋を想起させた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事