川越誠司3ラン、NPBレッドは決勝進出【アジアWL】

NPB(プロ野球) 西武 ソフトバンク オリックス ヤクルト

台湾で行われている2019アジアウインターベースボールリーグの決勝トーナメント一回戦、NPBレッド対台湾プロ野球連合戦が14日行われ、7-2でNPBレッドが快勝、15日の決勝進出を決めた。

NPBレッドは先発の伊藤翔が初回に2点を先制されたが、その裏に川越誠司の3ランなどで一挙5点を奪い逆転。伊藤翔は二回以降立ち直り、六回以降は金久保優斗-笠谷俊介-神戸文也-尾形崇斗のリレーで逃げ切った。

川越誠司は4打数3安打3打点。本塁打で同僚の砂川リチャードらに並ぶ首位に、打点は砂川を抜きトップに浮上、打率も.375として2位に上がった。

関連記事