岩崎続投失敗も…阪神・矢野監督が植田の“リベンジ”に興奮

阪神 DeNA

◆DeNA1-2阪神◆
矢野監督が“リベンジ采配”で落としかけた試合を“リベンジ采配”で取り返した。

1点リードで迎えた七回、前日、「イニングまたぎ」をさせてサヨナラ被弾の岩崎が再びマウンドへ上がった。二番・ソトからの打順で三番・筒香以外は右打者が並ぶが、矢野監督が「昨日のリベンジをさせよう」と筒香以降も続投させた。だが、これが裏目に出て安打2本と四球で一死満塁のピンチを背負い、三塁・北條の適時失策で同点に追いつかれた。

同点で終われば順位が上のDeNAが第一ステージを勝ちあがる。後がなくなった阪神だが、八回一死から死球で出塁した高山に代走・植田を送り、初球から走らせた。植田も前日の試合で1点を追う終盤に無死一塁から盗塁死していたが、ここでもリベンジを求めた。

植田は期待に応えて盗塁を成功させ、エスコバーの暴投で三進後、梅野の犠飛で生還。これが決勝点となった。

矢野監督は試合後、八回の攻撃を「カイ(植田)の足で取った1点やったしね。もちろんリュウ(梅野)の犠牲フライっていうのはあるけど。すごいやん、全部。昨日も言うたらアウトになってるのに。ああいう風に仕掛けるっていうのもすごい」と興奮気味に振り返った。

これでチームは5年ぶりにCS第一ステージを突破したが、「こんな試合してくれて。すごいなあと思いながら、うちの選手。みんなが(自分が思っている)以上のことをやってくれてるんで。ほんとに素晴らしい。誇りに思います」と選手を称えた。

関連記事