岡本和真「怠慢走塁」打線沈黙で8.5差に

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 ヤクルト

◆ヤクルト1-0巨人◆
巨人は首位・ヤクルトにサヨナラ負けして3連敗。ゲーム差は「8.5」に広がった。2位・阪神とは「6.5」。巨人は先発したエース菅野が六回まで無安打無得点。2四死球による走者を許しただけだったが、七回に緊急降板した。試合後、チームは「右手親指の痙攣」と降板理由を発表した。

無得点に終わっただけに、岡本の怠慢走塁も気になった。四回、先頭でボテボテの三ゴロに倒れたが、7分程度のジョギングペースで流した。村上が一度握り直して送球しただけに、もう少し真剣に走っていればセーフになっていた。

指揮官は3連戦中、ゲーム差が開いても、「一つのプレーや一打席に集中することが大事」と話していた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事