山本由伸“幼馴染バッテリー”で6回1失点「プロで組めてうれしい」

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス 中日

◆オリックス5-1中日◆
オリックスの山本が頓宮との初バッテリーで臨んだ試合で6回1失点と安定感を見せた。

この日は修正したフォームで「丁寧に投げる」ことを意識、初回を三者凡退に抑える立ち上がり。初回に2失点した前回ロッテ戦(3日)の反省を生かした。

六回に大島、平田に連打を許して1点を失い、「後半は(新フォームの)イメージが薄れてしまった」と反省したが、6回を3安打1失点でまとめた。

この日、スタメンマスクを被った2歳年上の頓宮は実家が近所の幼馴染。岡山県備前市の「伊部パワフルズ」でキャッチボールをした仲だった。その頓宮とのバッテリーについては「いろんな配球を試せた。プロの試合で組めるというのはうれしいなと思いました」と笑顔を見せた。

その頓宮は二回一死二、三塁から先制の2点適時打を放ち、山本を援護した。得点力不足が課題のオリックスにとっては「打てる捕手」は魅力。公式戦でもこのバッテリーが見られるかもしれない。

文・写真/BBNEWS編集部

◆山本由伸
背番号 18
カナ ヤマモト・ヨシノブ
出身校 都城
誕生日 1998年8月17日
年齢 21
血液型 AB
身長 178
体重 80
所属履歴 都城
キャリア 4年
投打 右右
ドラフト年度 16
ドラフト順位 4
公式戦初出場 17年8月20日ロッテ=京セラ
年俸 9000万円
昨季年俸 4000万円
タイトル (防)19
家族 独身

関連記事