山川24打席音なし、辻監督「こんな野球では…」

西武 ロッテ

◆ロッテ8-2西武◆
昨季のリーグ王者・西武がわずか1日で、2位から3位に転落した。ミスを連発し、主砲には元気がない。

先制した直後の五回だった。一死二、三塁で先発松本航は藤岡を投ゴロに打ち取ったが、飛び出していた三塁走者を刺さずに一塁へ悪送球し、2点が入った。

松本はこの回だけで3四球を与え、守備陣も3失策。辻監督は「四球3つ、失策3つ。こんな野球しているようでは勝てない」とおかんむりだ。6回4失点ながら自責点は0だった。

四番のどすこいこと山川は4打数無安打に終わり、これで24打席連続ノーヒットだ。五回には押し出し四球を選び、12試合ぶりの打点をマークしたが、これでは勝てない。「こんなもんじゃないという思いはあるけど、できることをやっていく。今は直す時間がないので試合をやりながらつかんでいかないと」。

8日からは6.5ゲーム差で首位ソフトバンクと対戦するが、少しでも差を縮めたい。

関連記事