山川穂高コロナ対策 自宅で羽打ち

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 西武

西武は新型コロナウイルス感染拡大のため、選手達は自宅待機に。28、29日の二軍戦も中止になった。山川穂高は自宅のバルコニーでバドミントンのシャトルを打つ練習を行った。

インスタグラムに動画を投稿した。打力を向上出来るため、児童にも薦めている。

前日は八段の腕前を持つ書道。その前日はプレイステーション4用のソフト「プロ野球スピリッツ2019」で自身を操作して2本塁打を放ち、「どすこい」のパフォーマンスが似ていないと物言いをつけた。

連日、インスタグラムに投稿して、外出を自粛しているフォロワーに話題を提供している。

文・写真/BBNEWS編集部

◆山川穂高
背番号 3
カナ ヤマカワ・ホタカ
出身校 富士大
誕生日 1991年11月23日
年齢 28
血液型 A
身長 176
体重 103
所属履歴 中部商―富士大
キャリア 7年
投打 右右
ドラフト年度 13
ドラフト順位 2
公式戦初出場 14年6月21日DeNA=横浜
年俸 2億1000万円
昨季年俸 1億1000万円
タイトル (優)18(本)18、19(ベ)18、19
家族 既婚

関連記事