山川穂高が首里城再建に寄付500万円「僕は首里代表」

話題・エンタメ 西武 プロ野球 スポーツ

那覇市出身の山川穂高が、昨年10月末に火災で焼失した首里城再建のために500万円を寄付した。

首里の出身で「首里城の周りで遊んで育ってきた」という山川。火災当日は「言葉が出なかった」というほどのショックを受けたというが、翌日には再建支援のための寄付を思い立ち、すぐに申し入れていた。

10日に那覇市役所に城間幹子市長を訪問し、11月のファン感謝祭で集めた60万5176円と自らの寄附金500万円を合わせて贈呈した。

山川は「僕は、沖縄を代表しているという意識も強いが、特に那覇市の首里が地元であり、かつ、首里初のプロ野球選手、首里初のHR王であるということもあり、首里を代表しているという意識をより強く持っている」と郷土への愛を強調。「これから僕がプロ野球選手として活躍し続けていけば、より沖縄の皆さんのために何かできると思うので、これからも頑張っていきたい」と一層の活躍を誓った。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事