山川が決勝打に激走!西武がソフトバンクに連勝で3ゲーム差に

西武 ソフトバンク

◆西武2-0ソフトバンク◆
西武が首位ソフトバンクに連勝し、3ゲーム差に迫った。

試合開始時の気温が32度という暑さの中、両チーム計11四球ながら4安打ずつという苦しい展開を制した。

初回と四回の満塁を活かせないまま、試合は終盤へ。八回にセットアッパー甲斐野を攻めた。

一死から源田が安打で出塁。ゴロで二死二塁となり、山川が先制の適時二塁打。さらに続く森が適時打を放ち、山川は二塁から本塁へ激走。要所に中軸が仕事をした。

山川はお立ち台で「最後の方は一点を取った方が勝つと思っていた。(決勝打は)集中していたので覚えていない。ホームランではないと思った。今日勝ててソフトバンクに連勝出来たのは良かった。七月は苦しかったので、八月はいっぱい勝ちたい」と話した。

関連記事